So-net無料ブログ作成
検索選択

カタカナ英語 [基礎講座]

英語だと思って使ったら通じなかった、なんてことありませんか?
カタカナで表す語が必ずしも英語とは限りません。英語だと思って使っていた言葉が実は英語っぽく作った言葉だったり、フランス語だったり、英語を変化させて作った言葉だったりすることがよくあります。また、言葉は英語だけれども本来の意味とは違った使われ方をしているものなどもあります。このようにさまざまな経緯を経てできたカタカナ語が英語だと勘違いされて使われてるケースがよく見られます。
次のカタカナ語は実は英語ではないのをご存知ですか?
「ガードマン」という言葉は英語らしいですが、実は和製英語です。英語で「ガードマン」を表すときは「guard」や「security guard」 を使います。また、「アンケート」も実は英語ではありません。この言葉はフランス語から由来しています。英語で「アンケート」を表す言葉は「questionnaire」が一般的です。またモーニングコールも英語のようですが、実は英語では「wake-up call」と言います。シルバーシートは「priority seat」、フリーダイヤル番号は「toll-free number」、ホッチキスは「stapler」、レストランなどのバイキング(料理)は「buffet」などなど私たちの生活の中には英語のようで英語でない言葉がたくさんちりばめられています。

サエコ※美顔器お
生サプリ※美肌SPお
超濃縮※美肌SPお
美肌SPセットお
生サプリ※L100お
ベアミネラル※通販よ
ニッピコラーゲン※トライアルよ
ベアミネラル※販売店よ
生サプリ※L100よ
美肌SPセットよ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。